美肌

プラセンタを注射した人は献血に協力できない?!

プラセンタはサプリメントや化粧品の他にも注射による使用方法があります。
注射の方が効果に速効性があると言われているのですね。
しかし、プラセンタ注射をした場合、献血ができなくなってしまいます。

プラセンタ注射の場合はヒト型プラセンタを使用します。
ラエンネックとメルスモンという薬です。
この薬を使用した場合には、ヤコブ病という病気の可能性が全くない、と言えないからです。

ヤコブ病に感染すると体が動かなくなったり、意識障害が起こったり、痴呆が進行するといった症状が現れます。
こういった病気の感染を徹底的に防ぐために、プラセンタ注射をしたことのある人は献血ができないことになっているのです。
血液からヤコブ病の病原体を調べる方法もまだ確立されていないので、安全性が保障されないということです。

しかし、今までプラセンタ注射による献血でヤコブ病に感染したという報告はありません。
念のため、献血を遠慮願っている、ということのようです。
献血ができないのは、注射によるプラセンタの使用のみです。
サプリメントや化粧品に使用されているのは動物由来のプラセンタです。
ですから、サプリメントや化粧品でプラセンタを使用している場合は献血をすることが可能です。

このページの先頭へ